発売前のiPhone7の部品画像が続々と登場!各部品からiPhone7の性能を読み解く

フロントパネル

iPhone6sとの変更点は、パネル最上部にあるセンサーの穴がふたつになったことと、その下のレシーバーが大きくなったこと。なおセンサーとは画面の明るさ調整などの機能をコントロールするもので、レシーバーは通話時に相手のが聞こえるところ。はたしてセンサーがふたつになることで、どのような機能が追加されるのだろうか。 またパネルに手描きされている黒という文字も非常に気になる。新色と噂されているスペースブラック用ということだろうか。

フロントパネル

ディスプレイ

下の画像はディスプレイとフロントパネルを組み立てて、裏側から撮影したもの。各メディアによると「ディスプレイがこれまでのiPhoneとは逆さまにはめこまれている」とのこと。また「ディスプレイ下部にホームボタン用の穴がない」との指摘も。これはiPhone7のホームボタンがクリック式からタッチ式に変更されたからではないかとの見方がされている。

ディスプレイ

カメラ

今回公開されたカメラモジュールの画像で注目すべき点は、カメラレンズの周囲4ヵ所に切り込みが入っているところ。なぜかというと、この切れ込みは光学式手ぶれ補正機能が搭載されている, iPhone6/6s Plusのカメラモジュールにも入っているから。つまりiPhone7にも光学式手ぶれ補正機能が搭載されるかもしれないということ。iPhone7では手ぶれのないキレイな写真が撮れるようになるかも。

電源

電源管理用部品の画像とともに「iPhone7は5V2A充電に対応する」という情報も公開された。5V2Aとは充電の際の出力に関する数値で、現行のiPhoneに標準で付属されている充電用プラグは1A出力となっている。2A出力に対応となることで、標準付属のアダプターで高速充電が可能になるかもしれないということ。ネットやメール、ポケモンGOなど、充電はすぐに切れてしまいがち。いままでより短時間で充電できるのは大歓迎だろう。

画像出典:NoWhereElse、MacRumors