iPhone7と7 Plusのモックアップ(模型)を入手しました

細部をチェック

iPhone7とiPhone7 Plusのモック(模型)をゲットしたので、ここでご紹介。
iPhone7、iPhone7 Plusともに、パッと見は現行のiPhone6s、iPhone6s Plusとほぼ同じ印象。
本体の大きさや薄さ、ボタンの位置など、大幅に変わっているワケではない。
ただ細かい部分を見ていくと違いがわかってくる。

外観的な大きな違いは以下の3つ。

1.カメラレンズ

iPhone7、iPhone7 Plusともにカメラレンズ位置が若干左下に移動している。
iPhone7 Plusはデュアルカメラになっていて、レンズがふたつ見てとれる。
またiPhone6s、iPhone6s Plusはカメラのまわりがリングで囲まれていたが、フレームごと膨らんだ形状になっている。

2.アンテナ線

アンテナ線とは本体背面にある白いラインのこと。
iPhone6s、iPhone6s Plusは上下1センチ程度の箇所にあったが、iPhone7、iPhone7 Plusともになくなっている。
結構目立っていたので、すっきりした印象を受ける。

3.イヤホンジャック

本体底面にあった3.5ミリヘッドホン端子が廃止に。
iPhone7、iPhone7 PlusからヘッドホンはLightningコネクタに接続する。
いままで端子があった箇所はスピーカー用の穴が開いている。

iPhone7のモックはiPhone6用のケースに入るのか?

iPhone7とiPhone7 Plusのモック(模型)を、現在弊社で取り扱っているiPhone6s、iPhone6s Plusの無地ケースに入れてみました。

結論から言うと、入るもののカメラレンズの位置がズレるので、そのまま使用はできませんでした。

  • 本体のサイズや厚さはほぼ同じなのでケースには入る。
  • ボタンの位置も変わらずなので問題なし。
  • ただカメラレンズの位置が左下に若干移動しているので、ケースがレンズをふさいでしまう。

というわけで、残念ながらiPhone6用のケースをそのままiPhone7で使用することはできなさそうです。

iPhone7とiPhone7 Plus
iPhone7とiPhone7 Plus
iPhone7
iPhone7