使い方はいろいろ!オリジナルiPhoneケースの使用事例(販促・配付編)

前回の販売編に続き今回は販促・配付用として作成されたiPhoneケースの使用事例をご紹介いたします。販促・配付用のiPhoneケースはイベントや行事で使用されることが多く、基本的に無料でプレゼント、配付されます。企業が行なうプレゼントキャンペーンや会社・学校での記念品をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。なにかよい販促品・配付品をお探しの方はぜひ参考にしてください。

企業イベントグッズ

新商品発表会や展示会など企業が開催するイベントの来場者プレゼントとしてiPhoneケースが配付されることがあります。たとえばiPhoneに関連する商品やサービスの発表会で、その商品やサービス名を印刷したiPhoneケースを作成すれば親和性のある販促品となります。また東京ビッグサイトや幕張メッセなどで行われる展示会での自社ブース来場者プレゼントとしてiPhoneケースを作成すればお客さんを呼び込む強力なツールとなります。

企業イベントグッズ

企業キャンペーングッズ

CMやネットを見ているとよく「◯◯◯プレゼントキャンペーン」というものを見たことがあると思います。このような企業が自社商品の販促活動として行なうキャンペーンのプレゼント商品としてオリジナルのiPhoneケースを作成する場合があります。キャンペーン用のプレゼントは販売品とは異なりこのキャンペーンでしか手に入れられない貴重品。レア度、注目度ともに高くTwitterやインスタグラムなどのSNSで話題になること間違いなしです。

企業グッズ

社員へiPhoneを貸し出している企業は多いと思いますが、その業務用iPhoneのケースとして企業オリジナルのiPhoneケースを作成することがあります。企業のロゴを入れたおそろいのiPhoneケースですと社員同士で一体感が出ますし、外出や商談の際にさりげないアピールにもなります。また創業◯周年や新卒入社式の記念品としてiPhoneケースを作成することもあります。社員はもちろんお世話になっている関連企業へのプレゼントとしても使用できます。

学校記念品

入学式や卒業式、修学旅行、創立◯周年記念など学校行事の記念品としてiPhoneケースを作成されることがあります。学校名や校章、クラスの集合写真を印刷したiPhoneケースを作成すれば一生の記念になることでしょう。また無地のiPhoneケースに卒業生同士または先生に向けたメッセージを書いたものをプレゼントするのもよいのではないでしょうか。学生時代の大切な思い出をiPhoneケースに残しておけます。

学校記念品

サークル記念品

中学・高校の部活や大学のサークルの記念品としてiPhoneケースを作成されることがあります。体育会系の部活、サークルであれば大会出場や優勝の記念として、また先輩部員の卒部の記念としてよい記念品となります。同様に少年野球や少年サッカーチーム、マラソン同好会など、グループ活動の思い出の品としてiPhoneケースはおすすめです。

個人使用グッズ

個人や家族、ごく限られた友人たちで使用するためにiPhoneケースを作成されることがあります。個人ですと自分で撮影した風景やペットの写真を、子供さんがいらっしゃるお客様ですと小学校入学や七五三など節目ごとの記念写真をiPhoneケースに印刷されていらっしゃいます。お子様のiPhoneケースは両親が使うのはもちろん田舎のおじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントにもご使用されているようです。また結婚式や同窓会に参加した記念として集合写真をiPhoneケースに印刷して参加者へ配るお客様もいらっしゃいます。

個人使用グッズ

オリジナルのiPhoneケースを作成できます

スマホケースケース.jpではハードケース型や手帳型など自分だけのオリジナルiPhoneケースを作成できます。「何個から作れるの」「金額はいくらするの」などなどiPhoneケースの作成に関するご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください。