自分でも作れる!手帳型iPhoneケースのメリットとは

スマホアクセサリーショップや量販店に行くと手帳型やハードケース型、バンパー型などいろいろな種類のiPhoneケースが販売されています。それぞれメリット、デメリットありますがとくにおしゃれ、かわいいケースが欲しい方には手帳型がおすすめです。そこで手帳型iPhoneケースのメリットをご紹介いたします。

iPhone全体をしっかり保護してくれる

手帳型ケースはブックカバーのようにiPhoneをぐるっと包むように装着しますのでiPhone全体を保護できます。万が一高いところから落としてしまっても手帳型ケースが落下の衝撃を吸収してくれます。手帳型ケースのほうがiPhoneよりサイズが大きいためiPhoneが直接床や地面に当たることがなく、本体にキズがついたり画面が割れてしまうことはありません。

フタの部分にフラップがついていたりマグネットが内蔵されているタイプであればフタがしっかり閉まるのでさらにガード力がアップします。なかにはストラップが付属されている手帳型ケースもあります。iPhone使用時にストラップを手首に通しておけば、万が一手が滑ってしまってもストラップが手首に引っかかって落下を防げます。なおストラップがあるとポケットやバッグのなかからiPhoneを取り出すときにサッと引っぱれるので便利です。

またケース内側のiPhoneを装着する部分にはポリカーボネートやTPUなどの素材で作られたハードケースが貼り付けてあります。ポリカーボネート製のハードケースは衝撃に強いので変形したり割れてしまうことはありません。iPhoneをしっかりホールドしてくれますので強めに振ってもすっぽ抜けてしまうこともなく安心して使用できます。

iPhone全体をしっかり保護してくれる

iPhoneの保護以外にも便利な機能が満載

カードポケット
カードポケットはその名のとおり交通系ICカードやクレジットカードなどさまざまなカードを収納できます。SuicaやPASMOを入れておけば自動改札機を通る際にいちいちおサイフやパスケースを出さないでよいので便利です。以前は自動改札機に手帳型ケースをかざすとエラーになってしまうことがあったのですが、最近の手帳型ケースには磁気干渉防止シートが内蔵されていますのでエラーになることはありません。カード類のほかレシートや映画のチケット、お札なども収納しておけます。

ミラー(鏡)
手帳型ケースにミラーがついていると電車やバスでの移動中、ショッピングやレジャーなどのおでかけ中にサッと身だしなみをチェックできますので男性、女性問わず重宝します。とくに女性であればミラーは必ずと言っていいほどバッグに入れている必需品ではないでしょうか。手帳型ケースにミラーが付いていればもうミラーを持ち歩く必要がなくお化粧直しもササッと行えます。

スタンド
スタンドとは手帳型ケースの背面を折り曲げることでiPhoneを立てかけた状態にホールドすることができる機能です。最近はiPhoneの画面の大型化により映画を見たり電子書籍を読んだりすることが多くなったと思います。長時間iPhoneを手で持つのは大変ですし、なにかに立てかけておくもの不安定です。そんなときは横置き、かつ立てかけた状態をキープできるスタンド機能は助かります。

iPhoneの保護以外にも便利な機能が満載

いろいろな素材で作られた手帳型ケースがある

PUレザー
PUレザーとはベースとなる布地にポリウレタン樹脂を塗って本革に似せて作られた生地のこと。多くの手帳型ケースで使用されている素材となります。衝撃性や柔軟性、撥水性に優れており車のシートやソファ、バッグなどにも使用されています。本革と比べると耐久性は劣りますがそのぶん安価となります。またPUレザー表面にデザインや柄をフルカラー印刷することができます。

デニム
デニムとはジーパンやジージャンなどに使われている綿製のあや織物のこと。厚手のため丈夫なところが特徴で洋服以外にも帽子やバッグ、ポーチなど数多くの身の回りのものに使われています。手帳型iPhoneケースに使用するとカジュアル感が出ますので休日のお買い物やレジャー、散歩、旅行などお出かけのときにぴったり。生地の特性上、厚手で丈夫なため長持ちしますので長い間使い続けられます。

本革
本革とは牛や馬、ヘビ、ワニなど本物の動物の皮になめし加工を施して作られた生地のこと。耐久性に優れておりお手入れによっては10年以上使い込めるうえ、経年変化により使い込むほど色合いが変わり味が出てきます。そのぶん価格が高いのがネックですがハイブランドのバッグやサイフ、靴などに使用されています。本革の手帳型ケースは高級感のあるおしゃれな印象となります。

いろいろな素材で作られた手帳型ケースがある

デザイン性の高いさまざまな形状をした手帳型ケースがある

書籍型
手帳型ケースの形状を活かしまるで書籍のようなデザインをした手帳型ケースがあります。レリーフのような飾りを型押し、型押し加工することによりまるでアンティークな洋書のよう。背表紙まで細かくデザインされている手帳型ケースであれば本物の書籍と間違えてしまうほど。シックな手帳型ケースをほしい方には書籍型がおすすめです。

動物型
ネコやイヌ、ウサギ、ヒョウなどさまざまな動物をモチーフにデザインされた手帳型ケースもあります。手帳型ケースに耳やシッポがついているデザインはとってもキュート。フラップ部分がそれぞれ動物の手の形になっているものもあります。見た目的にインパクトがありますので持っているだけで注目の的間違いなしです。

窓付き型
ユニークなところではケース上半分の一部が透明になっている窓付き型があります。電話やメールの着信があった場合窓越しに通知内容を見られます。またケース下部の金属部分をスライドすることにより手帳型ケースを開くことなく通話もできます。窓の形が雲や吹き出しになっているものもあり機能性、デザイン性に優れています。

デザイン性の高いさまざまな形状をした手帳型ケースがある

手帳型ケースのデメリットとは

手帳型ケースのメリットをご紹介してきましたが以下のようなデメリットも少なからずあります。

  • サイズが大きいのでかさばる
  • 片手で操作できない
  • 操作するたび開くのが面倒
  • 汚れが目立ちやすい
  • 左利きの人には使いにくい

メリット、デメリットのどこを重視するかで好みは変わってくるかと思います。
またiPhoneを使うシチュエーションによってケースを変えてみてはいかがでしょうか。

手帳型ケースはオリジナルのデザインで作成できます

手帳型ケースはなにもお店で購入するだけではありません。自分だけのオリジナル手帳型ケースを作成できます。「何個から作れるの」「金額はいくらするの」などなど手帳型ケースの作成に関するご質問ございましたらお気軽にお問い合わせください。